トップページ

slide-1
動的ゲノム構造をつくる
メガダルトン複合体の構造機能解明

写真:電子顕微鏡試料
水溶液中の生体高分子を氷包埋して観察する

slide-2
タンパク質の膜透過システムの
4次元ダイナミクスとアッセンブリ

写真:タンパク質の構造モデリング
高分解能では原子の位置まで決定できる

slide-3
複数構成因子からなる細胞機能を創発する
人工細胞システムの構築

写真:蛍光膜結合タンパク質
人工細胞膜に局在する蛍光タンパク質

slide-4
ベイズ統計学を組み入れた次世代構造
モデリングプラットフォームの構築と応用

写真:MD 計算プログラム GENESIS
次世代構造モデリングプラットフォームを構築する

previous arrow
next arrow

OVERVIEW

領域概要

文部科学省科学研究費助成事業 学術変革領域研究 (B)
メガダルトン生命機能深化ダイナミクス(令和3−5年度)
メガ生命深化動態(略称)では、構造生命科学・人工細胞研究・計算科学を組み合わせ、物質である分子が機能化を経てシステムとして昇華する仕組みを構成的に理解していきます。領域ロゴは多くの要素が密接に関連しながら生命システム(細胞)が構築されているイメージです。遠縁領域を融合させた最新のアプローチで新たな生命科学のプラットフォームを提案し、「構造生命システム科学」という新学問の樹立を目指します。


NEWS

ニュース

A01班 野澤らによる論文が PNAS に掲載されました。 Kayo Nozawa, Yoshima続きを読む

contemporary art

MEMBERS

組織・各班紹介

メガダルトン生命機能深化ダイナミクスに参加している
組織・各班のメンバーとアドバイザーを紹介します

ACTIVITIES

研究活動

活動報告

研究成果