研究成果

2022年度

原著論文

  • Sumie Eto, Rumie Matsumura, Yasuhiro Shimane, Mai Fujimi, Samuel Berhanu, Takeshi Kasama, and Yutetsu Kuruma. “Phospholipid synthesis inside phospholipid membrane vesicles”, Communications Biology volume 5, 1016 (2022).
  • Yasuhiro Shimane and Yutetsu Kuruma. “Rapid and facile preparation of giant vesicles by the droplet transfer method for the construction of artificial cells”, Frontiers in Bioengineering and Biotechnology, 10, 873854 (2022).
  • Hidetaka Kohga, Takaharu Mori, Yoshiki Tanaka, Kunihito Yoshikaie, Katsuhide Taniguchi, Kei Fujimoto, Lisa Fritz, Tanja Schneider, Tomoya Tsukazaki “Crystal structure of the lipid flippase MurJ in a “squeezed” form distinct from its inward- and outward-facing forms”, Structure, 30, 1–10 (2022).

学会発表

  • 塚崎智也,長池航, 板家成良, 春山隆充, 菅野泰功, 宮崎亮次, 市川宗厳, 内橋貴之, “Sec 複合体によるタンパク質膜透過の1ユニット動態観察”, 第22回日本蛋白質科学会年会(つくば)
  • 宮崎亮次, 鈴木健裕, 堂前直, 塚崎智也, “タンパク質膜透過・輸送に関わる PpiD/YfgM 複合体の in vivo 光架橋解析”, 第22回日本蛋白質科学会年会(つくば)
  • 森貴治, “分子動力学計算と実験データに基づくタンパク質複合体立体構造モデリング”, 第22回日本蛋白質科学会年会(つくば)
  • 野澤佳世、胡桃坂仁志、安達成彦, “ゲノム構造を作るメガダルトン複合体の構造と機能の解明”, 第22回日本蛋白質科学会年会(つくば)
  • 車兪澈, 江藤 澄江, 松村 るみゑ, 嶋根 康弘, 藤見 麻衣, ベルハヌ・サミュエル, 笠間 健嗣, “複数構成因子からなる細胞機能・構造解析のための人工細胞システムの構築”, 第22回日本蛋白質科学会年会(つくば)

2021年度

原著論文

  • Hisham M. Dokainish, Suyong Re, Takaharu Mori, Chigusa Kobayashi, Jaewoon Jung, and Yuji Sugita, “The inherent flexibility of receptor binding domains in SARS-CoV-2 spike protein”, eLife, 11, e75720 (2022).
  • Yoshiki Tanaka, Shigehiro Iwaki, Akira Sasaki, and Tomoya Tsukazaki. “Crystal structures of a nicotine MATE transporter provide insight into its mechanism of substrate transport”, FEBS Lett., 595, 1902-1913 (2021).

学会発表

  • 佐々木 旭、田中 良樹、岩木 薫大、塚﨑 智也, “ニコチンMATEトランスポーターの結晶構造と基質輸送メカニズムの提案”, 第44回日本分子生物学会年会 (横浜)
  • 伊計 舞、竹内 梓、内藤 雄介、市川 宗厳、田中 良樹、宮崎 亮次、塚崎 智也, “チオ硫酸イオントランスポーター複合体の構造機能解析”, 第44回日本分子生物学会年会 (横浜)
  • 佐藤千乃、橋本つばさ、加藤公児、田中良和、田中良樹、塚崎智也、塚本卓、出村誠、姚閔、菊川峰志, “Swing motion of Arg108 residue as a gating mechanism of Indibacter alkaliphilus Na+ pump rhodopsin”, 第59回日本生物物理学会年会(オンライン)
  • 森貴治、寺師玄記、松岳大輔、木原大亮、杉田有治, “Cryo-EM flexible fitting refinement with automatic error fixing for de novo protein structure modeling”, 第59回日本生物物理学会年会(オンライン)
  • 板家成良、長池航、春山隆充、市川宗厳、菅野泰功、宮崎亮次、内橋貴之、塚崎智也, “高速AFMによるタンパク質膜透過装置Sec複合体の動的構造解析”, 第17回21世紀大腸菌研究会 (オンライン)
  • 車 兪澈, ”無細胞リン脂質合成系の構築”, 第16回無細胞生命科学研究会(オンライン)
  • Yutetsu Kuruma, “Cell-free construction of cellular functions towards artificial cell construction”, Future trends and Emerging Technologies in Synthetic Biology Workshop (Online)